テレくらを使ってみよう

テレくらというのは電話で見知らぬ相手と繋げてくれるサービスです。人気が全盛の頃はリンリンハウスなどが有名でした。しかし今では店舗の無いネットにあるツーショットダイヤルが標準になっています。レディコミの後ろの広告に電話番号が掛かれた広告などで女性を募集しています。テレくらが人気の時代はポケットティッシュなどで集客していました。公衆電話を使う人が多かったからです。

出会いを目的としているテレくらですが、固定電話やスマートフォン、携帯電話での利用が可能です。昔は公衆電話がメインでしたが、今はスマホや携帯がメインです。

初めて電話がつながった女性でも上手く会話が出来て距離感を縮める事が出来れば、会ってデートや食事も可能です。もちろんそこで盛り上げられればエッチすることも容易です。ラブホでセックス出来る様に会う場所も考えておいた方がいいでしょう。最初のコールの時点で女性は男性側を疑っています。ですのでこの心配しているのを取り除かないといけません

テレくらではトーク力が全てと言っても過言ではありません。相手を納得させるかが勝負です。音声での声だけが頼りなのです。ですのでイケメンでなくても女性を口説けるのです。顔は鍛えられなくても、トーク力は努力でどうにかなります。

もちろん利用するテレクラサイトやツーショットダイヤルでは最初に無料お試しポイントがあるものがあります。最初にラッキーコードの入力が要求されます。

現在店舗型のテレクラで残っているのは大阪と東京の一部の地域、そして北海道がや東北地方に存在しています。現役バリバリでテレクラを利用したいのならコチラの地域が人気です。

テレクラの番号に電話を掛けてくる女性で既婚者の主婦が多かったりします。これは昼間が暇だからというのもありますが、若い頃に利用していていい目あったからなど利用していた若い女性が今の人妻熟女になっているのです。セフレにするもよし、サポに応じるもよしマックス、スイートコールなどが有名です。てれクラキャノンボールという体験映画が面白いので是非どうぞ。

女性との交渉が楽しいのもまた一つです。条件が整えば即アポが可能です。そういう意味では出会い系サイトやSNSよりも会えてしまうのがテレクラなんですね。テレフォンクラブには声だけで相手の女性の顔から体型まで想像しないといけないのです。また顔を見るまで逃げられない、また逃げる人も多いです。

テレフォンセックスをするのならエロボイスや擬音を上手く使う必要があります。音声だけで女性を気持ちよくしなくてはいけません。もちろん喘ぎ声は興奮しますよ。伝言ダイヤルやプロフィールナンパ、逆ナンなどの機能もあるので使ってみましょう。

出張先でテレクラを使えば現地の素人の女の子と出会えます。連絡先を聞いて割り切りセックスをすることも可能です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加